徒花の妖精姫

180601a.png

あとがき 続きの続き

ヒロインについては先に決まったというか、これが基点になって全部他も決まって言ったようなものでしたが、主人公についてはヒロインがこうだから隣にいる主人公はこう、というある種の鏡写しのように作っていったキャラクターでした。なので、クルスに関してはメリアという主語が抜けなくてなかなか難しい。

続きを読む

180524.png

あとがき 続き

なんだがどうにも漫画を描けるモードにならないので、少しでも漫画に近づくために自作漫画の話をします。

「徒花の妖精姫」という漫画を描き始めたきっかけや元ネタは過去にも書いてきたんですが、なんでああいう作品にしたのか、というのも曖昧かつ大仰だけど、うーん、なんだ、ああいうディティールになったんだろう、という自問です。

ヒロインの造形についてはもうはっきりしてます。性癖です。

続きを読む

180506photo.jpg

「徒花の妖精姫」あとがき

コミティア124が終了しましたね。当日お立ち寄りいただいた方、お声がけいただいた方々、本当にありがとうございました。

昨年には出すはずだった本が準備号になっていまい「来年5月に完全版だします!」と宣言した手前、今日に間に合わせないと意味ない!と、なんとかやってこれました。書いてる最中は自分でも頑張っていたと思うものの、いま現物を前に「ああすればよかった、こうすればよかった」とか考えてしまうんですが、それは次の機会に反映していこうと思います。

で、作品品質とは違うもののやり残したことの一つとして、本の中に「あとがき」を入れられなかったんですね。考え方はいろいろでしょうけど、作品の補助線として読み物があるといいかなあと過去作には極力いれていたんですが、今回はまるっと収録できず。

そういうわけで「徒花の妖精姫」のあとがき書きます。読んだこと前提に何でも話しますが、読んだ後に読むもよし、読む前に頭に入れておくもよし。お好きにお楽しみください。

続きを読む

南科そう(ナンカソウ)

デジタルにも「アナログ感」なるものを追い求めるオールドタイプヒューマン。

更新通知を受け取る