170104a1.jpg

透明水彩と型抜きとマスキングテープを使った白抜き実験

思いついたのでやってみた実験。

幅広のマスキングテープを薄い紙に張り付けて、クラフトパンチで紙を抜いて、シールみたいに水彩紙に張りつけてその上を水彩絵の具で塗ってみるというもの。上手くいけば模様の白抜きが楽になるかなあと思って試してみました。

続きを読む

使用画材
ウォーターフォード紙
161227.jpg

角赤ずきん

角を隠すために派手な頭巾をかぶります。

赤に紫をさすのが最近のお気に入り。赤ずきんに使ったのはW&Nパーマネントローズと同バイオレットディオキサイジン。どっちも紙に置くとぴかぴか輝くような色だなあと感じます。どちらも透明感があるので重ね塗りに使うのも好き。なんにしろ好き。

最近は乾くまでが早いパルプ紙がお気に入りですが、一晩おいたら「もう1色重ねたい」と考えだすものの、実際重ねると下の色が動いて上手くいかないの痛しかゆし。

ぼんやり描いてたら以前の絵とパーツ同じになっちゃってやんの。

使用画材
透明水彩、クレスタ―水彩紙
161218.jpg

肌色試し塗り

ずいぶん前に作ったいわゆる「肌色」試し塗り一覧。基本的に混色なしの時の色を見てます。

それぞれ制作した時期が違う上に紙も違うっていう雑さですが、今もたまに見返して確認するので便利です。上がウォーターフォードで、下がホワイトワトソン。

細かい感想は以下よりどうぞ。

続きを読む

使用画材
ウォーターフォード紙(上)、ホワイトワトソン紙(下)

南科そう(ナンカソウ)

デジタルにも「アナログ感」なるものを追い求めるオールドタイプヒューマン。

更新通知を受け取る